■インタビュー 國重 大地トレーナー(イセザキモール店)



「仕事は辛いもの、耐えるもの」と思ってきた國重さん。イセザキモール店に来て、仕事観が変わり、やる気が出てきたそうです。どういう経緯で、國重さんの考えが変わったのかを伺いました。

もくじ 
  1.  1.歯科技工士からトレーナーへ
  2.  2.手技も、苦手な接客も、同期との練習でクリア
  3.  3.研修所も、店も、体育会系「順位があると、思わず燃える」
  4.  4.「仕事は、辛いものだと考えていた」
  5.  5.将来の夢


■ 歯科技工士からトレーナーへ

--  國重さんは、これまで歯科技工士として働いていらっしゃったと伺いました。そんな國重さんが、Dr.ストレッチの一員になった経緯をお聞かせください。

もともと、スポーツは大好き。野球、サッカー、体操、バスケ、バトミントンと、これまでいろんなジャンルのスポーツを経験してきました。
私は、勝負と聞くと、つい熱くなるタイプ。いよいよ将来を決める時に、ちょうどスポーツに打ち込み過ぎて、燃え尽きてしまっていたので、全くスポーツと関係ない歯科技工士の学校を選びました。でも、ずっとどこかで、リラクゼーションやトレーナーなど、身体やスポーツに関わる仕事への憧れがありました。Dr.ストレッチの求人を知り、憧れを実現しようと、応募しました。

■ 手技も、苦手な接客も、同期との練習でクリア

-- 初めてのトレーナー業に、不安はありませんでしたか。

ありましたが、期待の方が大きかったです。

-- 研修所では、手技や接客を、どうやって身につけていきましたか。

長くスポーツをする中で、ストレッチを経験してきたので、手技は取り組みやすかったです。私は、しゃべりが苦手なので、接客の方がハードルが高かった。
手技や接客を身につけるために、同期の研修生同士で、練習し合っていました。同期は私を入れて5人。研修に入った日も、進む速度も同じだったので、復習をするにはうってつけでした。交互に、トレーナー役とお客様役をやって、ストレッチの技をかけたり、電話応対のロールプレイングをしたり…。合間に、アドバイスし合う。これの繰り返しで、手技や接客を身につけていきました。

■ 研修所も、店も、体育会系「順位があると、思わず燃える」

-- 研修所の雰囲気は、いかがでしたか。

「研修所は、部活ノリでした」
(前列左側:国重さん)
ずばり体育会系。部活みたいなノリで、腹筋や腕立て伏せをしながら、社訓を唱和してました(笑)。


-- イセザキモール店の雰囲気は、いかがですか。

うちの店も体育会系。朝礼は「気合入れていくぞー」、「おーっ!!」みたいな感じ。さすがに腹筋や腕立て伏せはしません。
以前、うちのトレーナーたちで、イセザキモール店ランニング部を結成したんですが、3回~4回走っただけで休部しました。みんな、本気で走っちゃって、翌日の仕事に影響するとわかったんで(笑)。順位が決まるものは、ダメですね。体育会系のスイッチが入って、燃えてしまう。

■ 「仕事は、辛いものだと考えていた」

-- 歯科技工士時代と現在を比べてみて、変わった点はありますか。

仕事観が変わりました。
社会に出てからずっと、「仕事は辛いもの、耐えていくもの」だと考えていました。歯科技工士の仕事は、神経を使う細かい作業が多い。以前、勤めていた職場では、ちょっとしたミスをしては、一日2回~3回怒られていました。いつも緊張感がありました。無口な人が多くて、社員同士の交流もほとんどありませんでした。

一方、イセザキモール店は体育会系で、明るく、楽しい。
トレーナーはみんな、気づかいができる人。お客様に喜んでいただけるにはどうすればいいか、まじめに意見交換をしますが、休憩中は、ストレッチの技を掛け合ってふざけたり、トレーナー仲間をいじったりして遊びます。いじられ役は、うちの店で一番ボディメンテナンスの知識や経験が豊富な先輩だったりします(笑)。妙な上下関係がなく、先輩でも友達みたい。オープンに、何でも話せます。おまけに、手技は、磨けば、磨いた分だけ成果が出ます。
「中には、楽しい仕事もある」って分かりました。人生、明るくなりました。

そうなると、自然にモチベーションが上がります。

この間は、私が「笑顔総選挙」というイベントを提案して、うちの店で開催しました。これは、トレーナーで、一番笑顔が輝いている人を、お客様の投票で選ぼうというもの。イベント開催で、いつも以上にみんなが、笑顔を意識して活動したので、店の雰囲気をさらにパワーアップできました。

相変わらず、私は、しゃべりは得意ではありませんが、昔よりはいい感じでしょうか。以前からの友人には「楽しそうだね」と言われます。

■ 将来の夢

-- 人生が大きく変わったようですね。最後に将来の夢をお聞かせください。

まずは、自分のやるべきことをしっかりやって、いずれは店長にチャレンジしたいです。

-- ぜひ実現してください。ありがとうございました。




※ 取材日時 2013年11月
インタビューページへ戻る HOMEへ戻る