■インタビュー 吉田 慎トレーナー(イセザキモール店)



吉田さんは、「自慢はスタミナ、好きな場所は体育館、休日は筋トレ」という筋金入りの体育会系。水道関係の仕事から、Dr.ストレッチに転職。新しい仕事に、どう馴染んでいったかを伺いました。

もくじ 
  1.  1.「部活っぽい感じの職場で、人のお役に立てるならいい」
  2.  2.「久しぶりの『部活ノリ』は楽しかった」
  3.  3.「やるしかない」 店長やトレーナー仲間が支えてくれる
  4.  4.オフの日は、トレーナー仲間と遊ぶ
  5.  5.将来の夢


■ 「部活っぽい感じの職場で、人のお役に立てるならいい」 

--  Dr.ストレッチに転職されるまでの経緯をお聞かせください。

2年ぐらい前に、膝をケガして、手術を受け、術後のリハビリが必要になりました。リハビリを受けながら「自分も人の身体のケアをして、人の役に立つ仕事がしたい」と感じるようになりました。
そもそも、私は、身体を動かすのが好き。社会人になってから、学生時代はずっと続けていたバスケを久しぶりにやってみたら、やっぱり楽しい。仲間と一緒にいるのはいい。
こんなふうに感じていた頃、Dr.ストレッチに出会いました。
部活っぽい感じの職場で、人の身体のケアをして、お役に立てるならいいなと求人に応募しました。

■ 「久しぶりの『部活ノリ』は楽しかった」 

-- 以前は水道関係の仕事をされていたと伺いました。全く違う分野への転職です。不安はありませんでしたか。

最初はありましたが、面接の時に、しっかりした研修があると聞き、それなら大丈夫かなと。

-- 実際に、研修に参加されてみていかがでしたか。学生時代、部活で行っていたセルフストレッチの経験は、研修に役立ちましたか。

Dr.ストレッチのパートナーと行うパートナーストレッチと、自分自身で行うセルフストレッチは、全く別もの。個人的には、セルストレッチの経験が大変役に立ったという感じはありませんでした。
「研修は、久しぶりの『部活ノリ』で楽しかった」
(前列左:吉田さん)
研修で助けとなったのは、同期ですね。
研修が終わった後、同期といっしょに残って、手技を練習しました。
同期も私も同じ体育会系。ストレッチの技をかけ合ったり、どこがいいか、悪いか、声をかけ合ったりして、久しぶりの『部活ノリ』で、がんがん練習しました。楽しかったです。

■ 「やるしかない」 店長やトレーナー仲間が支えてくれる 

-- 店で、トレーナーデビューをされてからはいかがでしょう。

「やるしかない。店長やトレーナー仲間 の助けが頼みの
綱」 (吉田さん(前列中央)とトレーナーの皆さん)
「やるしかない」の一言ですね。
店には、いろいろなお客様が、いらっしゃいます。
先日は、脊椎を損傷されて下半身麻痺になった、車いすのお客様を担当しました。店長や先輩トレーナーのアドバイスを受けながら、お客様にご要望を伺い、施術させていただきました。
今は、お客様一人一人に満足してもらおう、少しでも改善するお手伝いをしようと考えながら、ベストを尽くして施術するだけ。店長やトレーナー仲間の助けが頼みの綱です。

-- 経験を積むのが、スキルアップへの最短コースでしょうね。ご自身で練習されたりもしていますか。

はい。朝早く店に出たり、夜遅くまで店に残って自主練習しています。本当にまるで部活です(笑)。店長やトレーナー仲間が、練習に付き合ってくれます。ありがたいです。
ストレッチの技を掛け合って、力の入れ具合を身体の感覚で覚えていく感じです。ちょっとしたアドバイスですが、とても参考になったのが、施術する時の立ち位置。ラクな立ち位置で施術すると、疲れなくなりました。一日に7人~8人のお客様に施術する時もありますし、体格がいいお客様の腕や足を持ち上げると、けっこう重いので、店に入ったばかりの頃は、疲れたもんです。

■ オフの日は、トレーナー仲間と遊ぶ

-- オフの日はどうされていますか。

店のトレーナー仲間とよく遊んでいます。いろいろなスポーツが楽しめるレジャー施設に行って、それぞれが得意なスポーツをしたり、ご飯に行ったり。以前の職場では、同僚とは仕事の付き合いだけだったのですが、うちの店は、みんなと気が合うので、部活の延長みたいな感じで、いっしょに時間を過ごすことが多いです。

■ 将来の夢

-- 最後に、将来の夢をお聞かせください。

店長になりたいです。
これから技術、知識をもっと深めていきたい。よく、「顔が怖い」と言われていたのですが、この間、うちの店で開いた、もっとも笑顔が輝いているトレーナーを選ぶイベント「笑顔総選挙」で3位に入賞できました!これを機に接客力も磨きたい。みんな、店長職を狙っているので、負けたくないですね。

-- 体育会系の血が騒ぎますね(笑)。夢に向かって頑張ってください。




※ 取材日時 2013年11月
インタビューページへ戻る HOMEへ戻る